スキップしてメイン コンテンツに移動

Blogger日本語テンプレート「QooQ」をカスタマイズして再配布する

-

僕はBlogger日本語テンプレート「QooQ」を、9月に開設したサブブログに導入している。「QooQ」は利用者が多く、カスタマイズに関する情報も豊富で人気がある。

セツナワールドでも過去2度「QooQ」のお世話になっているが、毎回必ず導入していたカスタマイズがあった。ただそのやり方が思い出せず、ネットを駆けずり回ってようやく再現することが出来た。

これは、どげんかせんといかん。

いつかまた忘れて時間を無駄にする僕のために、今回カスタマイズしたテンプレート(xmlファイル)をGitHubに登録して、ついでにBloggerユーザーに配布することにした。

「QooQ」サンプルテンプレート

左がオリジナルの「QooQ」で、右がカスタマイズ後のサンプルテンプレートだ。「QooQ Sample-T」と勝手に命名して呼んでいる。

スマートフォン表示はこうなる。

オリジナルの大きなサムネイルはインパクトがあって魅力的だったが、僕は画面あたりの情報量を重視してサムネイルサイズを大幅に縮小した。意外と視認性は悪くないと思う。

個別記事ページは、見出しを少し変えた以外はほとんど変更なし。サイドバーの「注目の投稿」はデフォルトで表示される。不要な場合は非表示にするか、ガジェットを削除すればいい。

個別記事ページのラベル表示、関連記事(スマホでは2列)、ページナビ(ページネイション)のカスタマイズもしてある。これらはネットを調べて、オリジナルの表示速度に悪影響を与えないモノを導入した。(※先達のQooQユーザーの遺産に感謝です。)

Bloggerテンプレートに精通している方なら、さほど難しいカスタマイズではない。それでも一からやるには少々面倒だろう。

僕のようにコピペベースのカスタマイズですらミスっちゃう人には、痒いところに手が届く親切設計といえる。

細かいデザインは、こちらのサンプルブログで確認して欲しい。

「QooQ Sample-T」 ダウンロード方法

GitHub で、「QooQ Sample-T」を配布している。

まず Code からtemplate-master.zipをダウンロードする。すべて展開してフォルダ内のsample.xmlをBloggerにアップロードする。事前にテンプレートのバックアップを忘れずに。必要であれば以下のソースコードでHTMLの初期化をしてから適用して欲しい。

テンプレートの初期化は必須ではないが、不要なソースコード(ガジェットなど)の居残りを回避できる。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8" ?>
<html>
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=UTF-8"/>
<b:skin>
</b:skin>
</head>
<body>
<b:section id='mainSection'>
<b:widget id="Blog1" type="Blog">
<b:includable id="main">
</b:includable>
</b:widget>
</b:section>
</body>
</html>

テンプレートの使用は自己責任

「QooQ Sample-T」を利用する場合、メインページに表示する投稿数を10に設定する。組み込まれているページナビの初期設定(const maxResults = 10;)と合わせる必要があるからだ。現在の投稿数に合わせて、ページナビの設定を変えてもいい。

僕が施したカスタマイズはあくまでサンプルという位置づけになる。足りない機能などは各自が補う必要がある。そして当ブログの情報を用いて行う一切の行為、被った損害・損失に対しては、一切の責任を負えない。

とはいえ、致命的な問題があるテンプレートを配布するわけには行かない。なにか不具合があった場合には"お問い合わせ"やTwitter(@setuna_world)まで知らせて欲しい。改善に役立てたいと思う。

QooQの利用規約

最後に「QooQ」はラムネグ氏(くうく堂)が開発したBlogger日本語テンプレートである。利用規約については以下のページで詳細を確認して欲しい。

バージョン 2.00をきっかけに利用規約が改定されて「再配布OK」となった。クレジット表記の削除も可能になっているが、販売は禁止されている。

QooQ」は全てのBloggerユーザーが自由にカスタマイズし、自由にソースコードを共有できる素敵なテーマである。ここはテーマという、、

  • タイトル: Blogger日本語テンプレート「QooQ」をカスタマイズして再配布する
  • 最終更新: