GIMPと相性抜群!?左手用マウス"エレコム M-XT4DRBK"について

今回はGIMPの左手デバイスとして、エレコム M-XT4DRBKを導入したレビューだよ。

右利きの僕が左手デバイスとして使うので、そこは当然左手用マウスってことになる。

しかもトラックボールマウスってどういうことよ?

GIMPはペンタブと相性が良くない?

GIMPでイラスト(ワコム板タブ)を描く時、ペンのスイッチに割り当てたショートカットキーが上手く反映しない場合がある。

これは悩ましい問題だよ。

例えば、この2つのスイッチにブラシと消しゴムを割り当てた場合、切り替える際はGIMPのメインウィンドウの外(ダイアログ上など)で操作する必要がある。

メインウィンドウでは、デフォルトのクリック動作以外はアクティブにならない。

少なくとも僕が使用しているIntuos CTH-490ではそうなる。

なんだこの謎仕様;;

当然スイッチを押している間は"消しゴム"で離せば元使用していたツールに戻る、、みたいなのも無理。

メディバンとかなら普通に設定出来るんだけどね、、これが出来ないとイラスト用途では相当つらいよね。

※本体のファンクションキーには設定できる。

エレコム「M-XT4DRBK」が左手デバイスになる?

結論から言えば、左手用マウス"M-XT4DRBK"は簡易左手デバイスとして十分な性能を発揮してくれた。

キーボードのショートカットキー操作とは比較にならない程、GIMPの作業効率が向上した。

最近イラストはメディバンで描くのが定石だったけど、今後はGIMPの出番も出てくるかもしれない。(※以前はGIMPがメインだった;;)

ただ、もう少し機能の割り当てを熟考する必要があるかもしれない。

ショートカットキーの割り当て(線画サクサク設定!)

こちらは動画の中で採用しているショートカットキーの割り当て。アンドゥをチルトに割り当てるとマウスが痛みそうな気がして右クリックにしたのが思いのほか正解だった。

これくらいの操作をマウスで完結できると、作業効率は間違いなく向上するよね。

この割り当ては、GIMPで線画(ラフ)を描く事を想定した設定で、画像編集(レタッチ)では、また違った最適化が必要になると思う。

※M-XT4DRBK、ホイール回転がやや重いかな。ただそれ以外のボタンは押し心地が良くて気に入ってる。

【エレコム マウスアシスタント】

ショートカットキーの設定(任意キー割り当て)は、"エレコム マウスアシスタント"で行う。

とくに難しいところはないはず。

複数のソフト(アプリ)で使う場合は、それぞれプロファイルを作成して設定する。

どこかのボタンに必ず"左クリック"を割り当てる必要がある。

なぜトラックボールマウスなのか?

僕がエレコム M-XT4DRBKを選んだ理由だけど、、

  1. 他の商品よりボタンが多かった(6ボタン)
  2. ボタン類の配置・並び方(上面に集中)
  3. 手を乗せた時マウスが動かない(トラックボールだから当然w)
  4. 予算5,000円以内
  5. 上記条件を満たすモノがコレしかなかった

予算が許すなら素直にお絵描きに適した、左手デバイスを買うべき。

ただ僕のように、その効果や必要性に確信が持てない時の選択肢の一つとしてオススメ出来る。

「板タブ + キーボード」より「板タブ + 左手用マウス」は遥かに作業効率がアップするからだ。

普段使いのマウス・・・

もともと腱鞘炎の暖和にトラックボールマウスを検討していた。ほんとは右手用が欲しかった。

検討の最中で左手デバイスとして使えるマウスとなってしまったのだ。

人生、予定通りに行かないな~