メディバンペイント"塗りつぶしブラシ"の追加方法と便利な使い方(動画)

クラウドワークス のイラスト案件のほぼ全てを、メディバン(MediBang Paint)とGIMPで完結している僕です!

最近色々とメディバンの魅力に気がついてしまって、ニヤニヤが止まらないので紹介する。

メディバンの"塗りつぶしブラシ"が凄い!!

長いことGIMPでお絵描きしてた僕にとってメディバンの"塗りつぶしブラシ"は衝撃だった。

このブラシは線で囲んだ範囲(内側)を一瞬で塗りつぶしてくれる、まあその名の示す通りのブラシなのだ。

フリーハンドで描くのが難しい美しい色面を描くことが出来る。

パレットで透明色を選択すれば、塗りつぶし型の消しゴムのような使い方も出来る。

落書きしてるだけでも、とても楽しいw

サンプル:メイドさん

こちらのイラストは"塗りつぶしブラシ"のみで描いてみた。

パーツごとの塊としてわかりやすいように適度に塗り残してある。

適当にささっと描いただけなんだけど、思いがけず綺麗なアウトラインが出ている所もある。線で形を捉えるのが難しい場合の打開策になるかもしれない。

ここから線画を起こしてもいいわけだ。

操作に慣れてくると、かなり細い曲線なんかも描画出来るようになるよ。

こんな便利なブラシ、使わない手はないよね!

塗りつぶしブラシの入手(ダウンロード)方法

塗りつぶしブラシはデフォルトでは使えないブラシである。これはクラウドブラシと呼ばれ別途ダウンロードが必要になる。

まずブラシウィンドウの赤枠部分(雲に矢印)をクリックする。

「塗りつぶし」で検索をかけると3つのブラシがヒットするが、うち"MB016041"(縁なし)はログインが必要となる。

登録がまだの場合は、矢印の"新規登録"から登録する。(※登録が済んでいる場合はログインすればダウンロードできる。)

Googleアカウントを持っていれば、ワンクリックで登録できるよ。

ダウンロードが完了すると、ブラシウィンドウに"塗りつぶし"が追加される。

素晴らしいブラシなので、メディバン使いには強くオススメしたい!

作業効率アップにも必須と言えるだろう。

関連記事:ペンタブの滑り止めにペーパーライクフィルム貼ったら紙みたいな描き心地になったか?

まとめ

WindowsPCでお絵描きする場合、板タブとメディバンペイントを揃えればとりあえず行ける。

完全フリー(未登録)でも十分高性能なソフトではある。ただし、かゆいところに手が届くツール(素材)の使用には登録が必要になると思ってもらって間違いない。