GIMP 2.10以降でクリッピング機能(Clip to Backdrop)を使う方法

GIMPでイラストを描く

最強フリーソフト「GIMP」で、クリッピング機能を使う方法を解説する。

以前のGIMPには、お絵描きソフト定番のクリッピング機能は実装されていなかった。(※擬似的にそれを行う面倒な方法は存在したが_)

ところがGIMP 2.10以降であれば、以下に解説する単純明快な方法で実現できる。

最近発見したこの機能がイラストを描くうえでとても便利なのでGIMP勢にシェアしておきたい。

クリッピング機能とは?

PCやタブレットでイラストを描く場合、特定の領域からはみ出さないように着色する時にクリッピング機能がよく使われる。

以下のイメージを参考にして欲しい。

クリッピング機能の仕組み

レイヤー1に対してレイヤー2がクリッピングされている場合、”画像1”が描画(出力)される。なおGIMPの場合、レイヤーにアルファチャンネルが追加されている必要がある。

レイヤー2は、レイヤー1の不透明部分を作業領域として参照する。

レイヤーグループを作成しレイヤーを追加する

レイヤーグループの解説

では具体的にクリッピング機能を使う準備をしよう。

GIMPのクリッピング機能はレイヤーグループに追加されたレイヤー間でのみ有効となる。(※レイヤーグループは一種のフォルダのようなものだ)

「layer-1」「layer-2」はレイヤーグループ内に追加されている。通常のレイヤー表示位置より、若干内側にズレて表示される。

※レイヤーグループにレイヤーを追加するには、レイヤーグループがアクティブな状態で”新規レイヤー”を追加するか、既存レイヤーをドラックして追加する。

合成モードを”Clip to Backdrop”に変更する

レイヤー合成モードの設定

layer-2(クリッピングを有効にしたいレイヤー)がアクティブな状態で右クリックでレイヤーメニューを開く。

メニューの上の方に”合成モード”があるので選択する。その中にある「Clip to Backdrop」をチェックする。

これで”layer-1”に対して”layer-2”がクリッピングされた。

”Clip to Backdrop”が設定されたレイヤーより下層に位置するレイヤーは全てその対象(クリップ元)となる。

※GIMP 2.10以降に対応

僕のようにGIMPでイラストを描くユーザーが少ないせいか、「Clip to Backdrop(クリッピング)」が意外と知られていないのが残念。

この機能を活用すればイラストに限らず、様々な用途(デザイン・レタッチ)で可能性が広がると思うよ。

ちなみにGIMP最新バージョンは、GIMP 2.10.28(2021/09/24時点)である。

Previous Post