ブログ鎮魂歌、、過去の失敗から学びBloggerで成功したい人

2019/12/10

ブログネタ

今回の記事は、自称ガラパゴスブロガーことKyrieさん(キリエ)主催「Google Blogger Advent Calendar 2019」への投稿となります。

無料ブログサービス、Google Bloggerについて語り合おうという趣旨で12月1日~25日までリレー形式で記事をつないでいくイベント(催事)となります。

僕はカレンダー11日目の担当者。

前日10日目の記事(comameさん):「Blogger のテーマ作成について

※カレンダーにまだ多数の空きあり;;

minatoのブログ遍歴

ここからは僕のブログを書く目的とその遍歴について軽く振れておこうと思う。

ズバリ!ブログを始めたきっかけは”お金”だった。

定職を失い(倒産)本当にお金に困ってしまった。

2015年の蒸し暑い頃だったと思う、トレンドアフィリエイトの概要を知って無料で利用できるseesaaブログに記事の投稿を開始した。

時間だけは有り余っていたので、毎日1~5記事程度、時事ネタや芸能ネタ、ドラマネタなどを書くことが出来た。

結果的に3ヶ月目にアドセンス収益が5万円を超えるところまでいった。

しかしその間、アドセンスから2度の著作権侵害にかかわる警告を受けてしまう。

原因はおそらく記事内に掲載していた芸能関連の動画や画像。

身勝手な言い分になるけど、当時は他のブロガー同様グレーゾーンという認識だった。

無料ブログを捨てWordPressに移行

トレンドブロガー(seesaa)がアドセンスアカウントを剥奪されるケースがちらほら目につき始めた。

僕自身の危機感も増し、その結果seesaaブログからアドセンスを外しWordPressにて新規ブログを開設する事にした。

WordPressに移行してからは、日々ネタに困らない朝ドラ記事と、CMに関連した芸能人や商品について記事を蓄えていった。

著作権侵害対策として芸能人等の画像はすべて自身が描いたイラストを使用。おかげでアドセンスからペナルティを受ける事は無くなったが、1記事に割く時間は2倍以上に跳ね上がってしまった。

収益については、5万円を稼げるようになるまでに5ヶ月程度かかった気がする。

トレンド記事の検索寿命の短さを痛感し、その対策(ロングテール)を施しつつ記事を書いていたので仕方がない。

この頃ようやく、ブログで日給5,000円を稼ぐ見通しが現実味を帯び始める。

そしてついにブログ収益_月10万円を視界に捉える。

ところがこのタイミングで恐れていた事態が襲いかかってきた。

自身が招いた過去からの復讐である。

滞納していた借金で裁判沙汰になる;;

2017年当時、僕の収入は不定期のアルバイトとブログ収益がその全てだった。

8~13万円くらい。

消費者金融への返済も長らく滞り、その債権が債権回収会社に譲渡される事態に発展していた。そしてついに自宅に訴状が郵送されて来たわけだ。

同封されていた答弁書には分割返済の旨を記載し簡易裁判所に送るつもりだった。ただこの約束もきっと履行出来ないだろうと予想された。

もちろん貯金などないし、差し押さえの対象となるような動産も不動産もない。

剥がされるほどの身ぐるみすらない笑える状況だった。

時効の援用を主張する事も考えたが、借りた金は返したい気持ちがあった。

えっ、ブログって売却出来るんだ!?

答弁書には現状の収入について詳細を記入し月1万円の分割払いを希望する内容とした。

そしてこの手の案件で当時有名だった某法律事務所に電話相談を申し込んだ。

ちなみに相談料は1時間で5,000円だったと記憶している。

ここでアドバイスされたのが運営しているブログを売却してはどうかという事だった。

当初ブログを売るという意味が理解出来なかったが、そういった需要があることを知り色めきだった。

さっそくブログの査定と売却を仲介しているサイト(弁護士推薦)に登録申請してみた。

売却までに数ヶ月を要したが、結果として80万円というお金を僕は手にした。

(※手数料等を引いて実際振り込まれた金額です。)

ただ黙っていても年間最低60万円稼げるブログを80万円で手放すなんていいカモにも程がある。ただ当時の僕が借金を完済する方法はこれしかなかった。

ジリ貧とはまさにこのことであると知りながら。

Blogger(新宝島?)に漂着する、、

いくつかのブログを葬り去ってなおブログが書きたいと思っていた。

この頃はもうレンタルサーバーやテーマ(WordPress)に投資する余裕もなく、無料ブログへの出戻りを覚悟していた。

ここまで来てようやく「Google Blogger」の存在を知った。

Googleライクな日々に染まり、ネットの海に垂れ流されるSEO情報にさらされ続ければBlogger一択は当然だった気がする。

銭ゲバイメージが強いG社だが、Bloggerに関しては運営サイドの広告が一切表示されない。その代わりアドセンスを積極的に活用してくれといったスタンスが伺えた。

サーバースペックも快適でSEO施策の利便性も申し分ない。

月額500~1,000円程度のレンタルサーバーより遥かに安定している。

”遥かに”_という表現にはセキュリティ対策を丸投げ出来る快適さも含まれる。

さすがはGoogle、この辺は他の無料ブログサービスとは一線を画する気がした。

記事のインデックス速度も優遇傾向にあるのでは?_と感じるほど高速なのだ。

これはお利口ではない僕の勝手な思い込みだがw

あえてセツナワールドの収益に触れる、、、

Blogger民はITリテラシー高めの方が多く、僕のようにブログ収益に比重をおいた運営をしている方は少なめなのは知っている。

とはいえ結局ブログでお金を稼ぐのは面白いし、なまじ稼ぎ方を知ってしまったという事でもある。

Bloggerを開始してもうすぐ1年半を迎える。

記事数はこの投稿も含めてわずか22記事。

収益に関しては月500円~1,000円というレベル。

過去の実績と比較すると相当しょぼい。

ただ1日50PV程度の放置ブログが生み出す収益としては割とデカいと感じている。

他のブログサービスでも同じ結果になっていたかは疑問に思う。

もう素直にBloggerには期待していい、という結論に至った。

ここを新たな宝島にしてやろうという気分。

僕の予想では、月5万円なら100記事いらないと思っている。

BloggerユーザーはTwitter必須?

Bloggerのデメリットを指摘する情報についての印象。

たとえば「2019年おすすめの無料ブログサービス」なんて記事がある。そのほとんどがBloggerについて、”運営の広告はないが初心者には使いづらい”_となっている。

確かに僕のようにWebスキルに疎い人間が、ブログデザイン等の不満を解消するには難易度の高い仕様であることは痛感している。

ただ問題の本質は若干違って、それを解決するための情報元(日本語向け)が乏しいという現状があるようだ。

今後ユーザーの裾野が広がって行くことで対応が変わっていく事に期待したい。

僕の場合はブログを開設するタイミングで、TwitterでBloggerユーザーを見つけ出し遠慮なくフォローしていった。

ある日TLを眺めていたら、頭を抱えていた構造化データに関する問題の解決策が流れてきた事があった。

これってブロガーあるあるかも?

今さらながら、ガチで有益な情報を発信している方が多い。

個人で自作テーマを配布している方なども発見した。

突然のリプにも丁寧に答えを返してくれる方もいる。

このような背景からも現状のブログ運営には希望しかないminatoなのだ。

今回は「Google Blogger Advent Calendar 2019」にて過去の黒歴史を晒しつつ、僕の色眼鏡なブログ論の一端を語らせて貰った。

ここまで長々と駄文にお付き合いいただきご馳走様_。