スキップしてメイン コンテンツに移動

エレコム テンキーレスキーボード「TK-FCP082BK」の打鍵感がThinkPadだった!?

-

デスクトップPCのキーボードを無線タイプから有線(エレコム TK-FCP082BK)に変更した結果、操作性(タイピング)が段違いに快適になった。

ただし作業スペースに無駄な配線が一本増えてしまったストレスは感じている。

僕の場合、狭小デスクスペース(約75cm×45cm)で様々な作業をこなす必要があり、時としてキーボードは邪魔な存在になる。

無線キーボードならその辺にポイと移動してしまえば、デスクは一気に広くなる。これが有線タイプだと、コードの長さを気にしながら避難場所を吟味しなくてはいけない。

たとえばPCケースの天板に置いてみる。

結局コードに足を引っ掛けて、キーボードを落下させつつコーヒーもぶちまける。

無線の応答性が必ずしも悪いというワケではないが、僕の財力ではつい安物買いに陥るケースが多い。結果的に質の悪いキーボードに遭遇してしまうのだろう。

テンキーレスキーボードはエレコム一択?

ELECOMキーボード TK-FDM086TBK

安価なテンキーレスとなると、サンワサプライかエレコムくらいしか選択肢がない。

実は以前使っていた無線キーボードもエレコムだった。

TK-FDM086TBK(※販売終了)という型番で、キーはメンブレンタイプ。静音性はイマイチだったけど軽い打鍵感が好みでしばらく使っていた。

ただいくつかのデメリットが許容できなかった。

たとえばスペースキーが時々戻って来ない。(個体差?)

手前側の厚みが2cm以上あってファンクションキーがやけに遠く感じて打ちづらい。

またしばらく放置した後だと接続が不安定になる。

そしていざ分解しようとするとY型?の特殊ネジが使われていたりでイキリ感が半端ない。

_とはいえ2,000円以下で購入できるキーボードとしては、過去最高の使い勝手だったのは間違いない。

※「エレコム TK-FDM105TXBK」は、TK-FDM086TBKの後継機種。ガジェット系YouTuber・吉田製作所さんが、キー配列に癖がなくコスパ最強と絶賛していた。

エレコム TK-FCP082BKの打鍵感が好きすぎた!

TK-FCP082BKの写真

エレコム TK-FCP082BK(新古品)をメルカリで1,000円程度で入手した。新品で買えば3,000~5,000円くらいするのでラッキーだった。

USBでつないで早速使ってみると、打鍵感がThinkPad xシリーズを彷彿とさせた。

以前愛用していたThinkPad X230やX240の打ち心地を100点とするなら、TK-FCP082BKは85点ほどの打鍵感となる。筐体の品質面でやや落ちる感じは否めない。

キーはパンタグラフ式のフラットタイプで、キーボードの傾きは調整できない。

手前の高さが7mm、奥側が24mm程度なので相当薄型である。

僕にとっては絶妙な傾斜で、ノートパソコン感覚でサクサク打てる。

そして有線接続なので応答性もいい。無線接続のように待機中という概念がなく常にアクティブだ。無線タイプのように電池の残量次第で応答性が落ちることもない。

なんだかんだで有線は素晴らしい。

ただキーストロークの反発がもう少し軽ければ、さらに良かったかな。長時間のタイピングでは指がちょっと疲れる。

ゴネればキリがないけど、やっぱり配線は鬱陶しい。それでも間違いなくメリットが上回るから使ってる。

ブロガーの端くれとしては、東プレのRealforceくらいは欲しいけど。

※ELECOM TK-FCP082BKは既に販売が終了しており、「エレコム TK-FBP083BK」が後継機種。

TK-FCP082BKはコードの取り回しが自由

エレコム TK-FCP082BKは、USBケーブルを左右と奥側に取り回す事が出来て便利だった。

利用環境の違いはあれど、マウス側にコードを出す人はいないはず。

僕は右利きなので当然左側に出して使っている。

ただ裏面のコードの溝が若干甘くて、テープで固定しておかないと勝手に外れしまう。

個体差を含め些細な問題はあるが、TK-FCP082BKはコスパが良く同価格帯ではベターなチョイスとなる。

打鍵感よし、キー配列は素直そのものでキーピッチも十分で打ち損じが少ない。

今のところWindows10環境では不具合は一つもない。

MacやAndroidにも対応しているので、用途を満たせば試してみて欲しい。


  • タイトル: エレコム テンキーレスキーボード「TK-FCP082BK」の打鍵感がThinkPadだった!?
  • 最終更新: