「Color Tool」でブログの配色やカラーコードを調べる方法

Color Tool 使いみちについて

Google提供の配色ツールが便利だったので紹介する。
そこまで使いこなせていなが、ブロガーなら知っておいて損はない。

Color Tool - Material Design

Color Tool - Material Design

Create and share color palettes for your UI, and measure the accessibility of any color combination.

「Color Tool」のインターフェースは物凄くシンプル。
マテリアルデザイン向けという事らしいが、いやいや一般ブロガーのブログカスタマイズにも大いに役立つツールだ。

今回は、Bloggerの無料テーマ「Vaster2」の見出し(h2)の配色を変更するために使用してみた。

本来は設定したカラースキームでUIの出来栄えを吟味するものだろう。

カスタムパレット便利すぎる!!

カスタムパレットについて

「Color Tool」では予めよく利用されるパレットが準備されている。

基本となる色に対して、LightカラーとDarkカラーがバランス良くコーディネートされる。

さらにイメージに近い色を探し出したい場合は、カスタムパレットを使うことになる。

右上の色相環ツール?とサイドのスライダーで色合いを自由に調合できる。

使ってみた感じでは、これで作れない色はないといった感じだ。

テキストの見え方

Accessibilityタブに切り替えれば、こんな感じでテキストとの兼ね合いもチェックできる。

ブログのメニューや見出しのテキストの配色にも役立だろう。

Codepenを使えばHTML、CSS、JavaScriptのコードも確認できる。

興味のある人は、さっそく使ってみよう。

その他の記事:Blogger海外製テーマ「Seoify」の日本語化&アドセンス向けカスタマイズ方法

次の投稿 前の投稿