スキップしてメイン コンテンツに移動

無料ブログサービスでオススメな執筆環境(エディタ)について

-

こんにちは、minatoです。

Google Blogger」初投稿です。
無料ブログに限らず、WordPressなんかでもブログって始めるまでがとっても大変だ。

Bloggerはテーマ構造が独特で、HTMLやCSS、スクリプトなどプログラムが一つのファイルに収まっている。なんだか弄るのが怖い感じだった。

この見慣れない仕様に慣れるまで時間を費やしたし様々なトラブルに見舞われた。

長い目で見れば独自ドメインは必須

切ないペンギンのイラスト

「セツナワールド」には独自ドメイン(ムームードメイン)を設定した。3年契約で2,000円の安価な.comドメインで、いつかイラストブログに使おうと思いつつ取得後1年も寝かしてしまった奴。

Bloggerのサブドメインで運営するのもありだが、ブログを資産として捉えるなら最低限ドメインへの投資は必須となる。ここはケチれない。

ただ人生で初めてのブログであれば、全てにおいて無料でスタートしてもOKだと思う。

そしてブログが軌道に乗った頃に「ああ、ドメイン取っておけば良かったな」とか、幾多の後悔を味わえばいい。それは少なからずブログの成功を意味する。

そもそもこの段階に来る前にブログから撤退するパターンが多めだ。

テーマ(テンプレート)と執筆環境の移行

Bloggerでは個人の方が配布されている、「Vaster2」というテーマを導入した。最近はアップデートされていないようで、やや不安ではあるが評判の良さに押されてしまった。

ブログ更新にかかせないテキストエディタに関しても、長年使い続けた「TeraPad」から「Open Live Writer」に切り替えた。日本語化も可能で使い勝手も素晴らしい。

記事に画像を挿入した状態で、ローカル環境に下書きを保存できるのはとても便利。これはTeraPadでは出来ない事だ。

画像の挿入サイズやエフェクト設定は保存しておくと使い回しが出来て便利。

ただしHTMLソースは圧縮されてかなり見にくい。

※ほどなくしてBloggerとOpen Live Writer間で、解決不可能な不具合が発生したため、コーディング(アドオン必要)が可能なGoogleドキュメントに移行した。

Blogger海外製テーマ「Seoify」の日本語化&アドセンス向けカスタマイズ方法

ブログの体裁(イメージ)を整える

出来たてのブログは記事がない。当然活気がない、個性がない。
とにかく何もない。

そこで最低限のやる気を見せる意味でも、プロフィール画像やタイトルロゴは設定しておきたい。ここでユーモアを発揮できれば、その後ワンチャンくらいあるかもしれない。

デザインなんか出来んという場合でも、いまはフリー素材が充実しているので絶望する必要もないし正直困らない。

もちろんお小遣い稼ぎのブログなら、ひたすら広告前提で記事を投稿するのがベスト。デザインなどは収益が発生してから外注で済ませる方法もある。

ただブログのカスタマイズって結果が目に見えて面白い。ついつい熱が入る部分で程々にはやって行きたい。

ブログの1記事目は自己紹介???

ブログ初投稿では、挨拶や自己紹介を書くといい。そんな解説をしているブログをよく見かける。

宇宙ゴミレベルで漂う出来たてのブログに運良く訪問者が来たとする。運営者がすでに有名人だったり、特殊な技能を持つ者ならいきなり読者を獲得するだろう。

彼らなら平素な自己紹介でも十分書く意味があるだろう。

しかし強烈な肩書を持たない多くの一般人の場合、一刻もはやく読者と共有できそうな情報を発信した方がいい。

時は金なり、わずかな労力すら無駄にしてはならない。

冒頭、僕がなんの意味もない下手なイラストを掲載したのも頷けるわけだ。正直ライティングに自信がないのでイラストやユニークな画像で読者を獲得していきたいと思っている。

無い袖は振れないので自分に出来ることをやって行くしかない。

  • タイトル: 無料ブログサービスでオススメな執筆環境(エディタ)について
  • 最終更新: