左手用トラックボールマウスは使いにくい?速攻慣れる為の3つのコツ!!

イメージ

人生初のトラックボールマウスに左手用を選んだ僕(minato)です。 それはブラウジング、ブログ(記事執筆)、イラスト制作など全ての場面で期待を超える躍動感を示した。 最初は使いにくいと感じる、、ただコツさえ掴めばトータルパフォーマンスで一般的なマウスに勝るとも劣らない存在。 なんだかんだ言って、新しいガジェットに適応していく過程は楽しかった。

コロコロの小さいヤツは水洗いよりガムテープで掃除する方が気持ちいいっ~!!

イメージ

かれこれ5年は使っているシェーバーサイズの小さいコロコロなんだけど、これでもかってくらい限られた用途においての使い勝手が最高! ローラー部分に高品質シリコンが使われていて、ホコリはもちろん液晶画面に付着した軽い指紋汚れくらいは吸着してくれる。 ずいぶん長いこと愛用してるけど、そのクリーニング性能に衰えを感じたことはない。 さっそく本題に入ろう。

「gauru.art」なら10%の手数料でデジタル作品(イラスト他)のダウンロード販売が出来るぞ!

イメージ

2022年、僕は以前から計画していたイラストの収益化についに乗り出した。毎日バタバタしながらも、現在1カットあたり500円~7,000円程度の報酬を得ることが出来ている。 単価を自由に設定する力は今の僕にはないが;; 今の時代、自分の好き(趣味?)を収入に繋げることは十分可能だ、、、本当にすごい時代になったと思う。 多様なプラットフォームの台頭によって、自分自身のスキルや特性を共有できる場が増えたことは喜びでしかない。

とろけるいちごに乳酸菌が加わって「至福のいちご」にリニューアル!?

イメージ

ちっちゃい声で、、名前コロコロ変わりすぎ;; 以前、スギ製菓「FUKUMI(福味)」というフレッシュチョコをレビューしたが、しばらくして「とろけるいちご」という商品名に変更された。 今回さらに「 至福のいちご 」と改名されたわけだが、、ちょっと商品名変えスギ製菓ではないだろうか? 僕としては最初のFUKUMIが字面とか響きとか諸々良かった気がする。

ペンタブ(WACOM Intuos)替芯の代用品として最適なベビー綿棒の商品名はズバリ○○です!

イメージ

僕は筆圧が強いせいかペンタブの芯の減り具合は目に余るほどだ。イラスト素材など制作していると2週間を待たず一本くらい消費してしまう。 まあ失敗が多いせいかな、、、 ところでWACOM純正の替芯は10本1,000円、たとえ互換品であっても700円程度と相当高い。しかも描き心地が悪いハズレ品が送られて来ることもある。

GIMP 2.10以降でクリッピング機能(Clip to Backdrop)を使う方法

イメージ

最強フリーソフト「 GIMP 」で、クリッピング機能を使う方法を解説する。 以前のGIMPには、お絵描きソフト定番のクリッピング機能は実装されていなかった。(※擬似的にそれを行う面倒な方法は存在したが_) ところがGIMP 2.10以降であれば、以下に解説する単純明快な方法で実現できる。 最近発見したこの機能がイラストを描くうえでとても便利なのでGIMP勢にシェアしておきたい。

「Luminar AI」のポートレート編集機能は優秀だが低スペックPCでは要注意!?

イメージ

Skylum さんから「 Luminar AI 」という写真編集ソフトのライセンスを提供して頂いたので使ってみた。 Luminar AIは、いくつかの編集ツールにAI(人工知能)を搭載している。 今回はその恩恵を多分に受けていそうな” ポートレート ”編集による作例を紹介する。 直感的な操作でポートレート写真が生まれ変わる 上が元画像( フリー素材 )で、下が Luminar AI でレタッチしたもの。色々機能を試しつつ30分くらいで完成した。 とても自然な仕上がりだと思う。 はたしてそれは、簡単なことなのだろうか? いったい、どのような編集を加えたのか_?詳しくは下記動画など参考にして欲しい。 人工知能搭載!?「Luminar AI」で ポートレー…